スタッフ日記 | 今日はクリスマスイブ

平成21年12月24日(木)

今日はクリスマスイブ。小さいお子さんのいる家ではパパ、ママのサンタクロースが忙しい夜ですね。クリスマスイブの真夜中にこっそりプレゼントを靴下に入れておく習慣は、キリスト教の教父聖ニコラオス(ニコラウス)が貧しい家の煙突から金貨を投げ入れた伝説が起源であると言われています。

我が家は小学4年生になる下の子どもが、今年はもうサンタが居ないことを知ってしまったので、「プレゼントの前借り」と称して既にプレゼントは渡してしまいました。味気ないクリスマスです。
昨年は、イトーヨーカドーでゲーム機を購入した際、お店側も配慮してくれ「サンタさんからのプレゼントにする場合は、保証書は箱に入れないでおきますね」ということで、保証書を気づかれないようにと慎重を期したものでした。

昨年のクリスマス前「お友達の家はツリーに書いてつるしておけば、サンタさんは3個までプレゼントくれるんだって!」と言うので「強欲な子のところには1つも来ないよ!」と言い含めてはみたものの、何でうちのサンタはケチなの~とでも言いたげな「疑惑のまなざし」。

そして昨年クリスマス後に友達の話を聞いた結果、サンタは居ないのだと悟ったらしいです。「どうりでうちのサンタは3個くれないと思った」。         (マザーズ北本)