スタッフ日記 | 明日はハロウィーン

平成24年10月30日(火)

明日10月31日はハロウィーン。
日本にもすっかり定着した感のあるハロウィーンは、日本のお盆にあたる万聖節の前夜祭に、徘徊する悪霊が驚くような格好で歩き回って追い払うというお祭りですが、近年では驚くぐらいに「仮装」が本格的になっています。

しかし、一方で1992年にアメリカで日本人留学生がハロウィーンの仮装をして驚かせたところ、その家の住人に射殺されるという痛ましい事件も起こっています。

そうそう、ハロウィーンに限らず、最近はいわゆるアニメや映画のキャラクターの格好をする「コスプレ」が市民権を獲得しつつあるようです。

日本は、世界各地の著名なコスプレイヤーを日本に招いて「世界コスプレサミット」を開催する「コスプレ先進国」なのです。2006年、大須夏祭りで開催された「コスプレ大会」は外務省・国土交通省の後援も得ているなど、日本がコスプレ文化の発信地として、国際交流に貢献しているわけです。

ただ痛ましい事故から学ぶべきことは、ハロウィーンにせよその他のコスプレにせよ、血糊や極端にどぎつい衣装は控え、関係ない人をむやみに驚かせないというルールを徹底する必要がありますね。