スタッフ日記 | 違法と知りながら...はダメ?

平成24年10月3日(水)

ついに10月1日から「改正著作権法」が施行されました。この法律により、インターネット上にアップされた正規のものでない音楽や動画などを、「違法なものと知りながら」ダウンロードした人に対して刑事罰がされることになります。

今 回の改正にこぎつけるまで日本レコード協会などの音楽7団体は専用のサイトを設けるなどして周知徹底すべく啓発活動を行ってきました。長年の海賊版の音楽 に頭を痛めていた音楽業界にとっては、待ちに待ったというべきでしょうが、利用者の中には不安や混乱が広がっています。

海賊版であっても 「You Tube」、「ニコニコ動画」等で閲覧するだけなら処罰の対象とはなりませんが、パソコンなどからダウンロードして保存した場合は、たった1回でも刑事罰 に問われる可能性があるということです。けれどもPR用に無料で配信されているものもあり、いったいどの音楽や動画が違法なのか利用者にはわかりにくい し、またうっかりやってしまうこともあります。それなのに刑事罰とは恐ろしい。

また刑事罰とはなっていませんが、コピーできないようにプロテクトがかかっているDVDを特殊なソフトを使ってコピーするのも違法。一方で音楽CDのコピーはOK。

はてさて「違法と知りながら」という線引はどうやって引くのか。気軽に聴けていた音楽のハードルが上がってしまったのではないでしょうか?音楽の文化を変えるぐらいの大きな変革といえるかもしれませんね。