スタッフ日記 | 秋分の日は22日でしたね

平成24年9月24日(月)

22日の土曜日は秋分の日でしたね。あれ?23日ではないの?と思った方もいたかもしれません。
秋分の日が23日でなかったのは、1979年に24日になって以来、33年ぶり。しかも23日以外
になるのは1896(明治29)年以来、116年ぶりだそうです。記念すべき?秋分の日だったのですね。

そもそも何をもって、その日を秋分の日と決めるのでしようか?
調べてみるとちょっと難しいのですが、太陽の通り道である「黄道」と地球の赤道を天に延長した「天の赤道」が交わる点を「春分点」、「秋分点」とし、太陽が春分点・秋分点の上を通過する瞬間が秋分、春分というそうです。
ですから秋分、春分が含まれる日は少しずつずれていくというわけです。

今後はしばらく4年に1回、秋分の日が22日というパターンが続くそうですよ。