スタッフ日記 | 台風15号の爪痕...

平成23年9月22日(木)

昨日の台風15号は本当にすごかったですね。各地で河川の氾濫や土砂崩れが相次ぎ、多くの爪痕を残しました。

午前授業で帰宅させた学校がほとんどで、我が家でも早く帰宅した子供二人が珍しく平日顔をそろえました。首都圏では帰宅時間帯にほとんどの電車が不通になり、帰宅できない人たちが駅にあふれ、まるで3月11日の大震災の日のようでした。

それにしても日本で最も乗降客数が多いと言われる新宿駅で、一時全線で列車の運行がストップするという異常事態で、今回は早めに帰宅させた企業は賢い選択だったのではないでしょうか。

災害の際、最も心配なのはやはりお年寄りと小さな子供です。今回の台風では小学生が川に流されて犠牲になりました。インターネットで最新の台風情報や地域の避難情報など得られるはずですから、学校ではぜひ子供の帰宅に対する配慮をしてほしいなと思います。またお年寄りは日頃から近所の方と避難について少しでも話をしておくとよいですよね。台風というと必ずお年寄りが川の様子を見に行ったり、畑の排水路の点検をしに行って被害にあっています。心配なのはわかりますが、見に行かないでねと言いたいです。

本当に今年は災害ばかり。今後は自然災害が少なくなりますように。   (マザーズ北本)