スタッフ日記 | 民主党代表選、菅氏が制す

平成22年9月15日(水)

昨日の民主党代表選で菅首相が小沢前幹事長を大差で破り、再選を果たしました。菅氏と小沢氏の対戦成績は721対491。党員・サポーター票では249対51と約5倍の差がつきましたが、気になるのは国会議員票で、6票差しかなかったことです。

民主党の党員は年会費6000円、サポーターは年会費2000円の会費を払えばだれでもなれるそうです。たった2000円で、一国の首相を決める代表選に投票できるなんて、価値ある2000円ですね。年会費のハードルの低さからみると、ごくごく一般市民の民意を反映しているものともいえるのではないでしょうか。そういう意味では一般市民と国会議員との温度差を感じます。

それにしても国会議員を二分した投票の後は、どのような党内人事にするのか首相も頭が痛いところでしょう。今回の代表選では奇しくも二者の政策の違いがはっきりしてしまい、党内でも統一がとれていないことが露呈してしまったわけですから。

しかも小沢氏は「陸山会」の土地取引事件で、東京地検特捜部の4度目の事情聴取に応じる意向を示しており、問題がすっきりしたわけではありません。

前途多難ですが、代表選のエネルギーを政策実行へとシフトして頑張ってほしいです!