スタッフ日記 | 総選挙

平成21年9月1日(火)

第45回総選挙は、民主党が308議席を獲得し、119議席にとどまった自民党に大差をつけて与党となり、政権交代がなされました。
今回の総選挙の投票率(小選挙区)は、69.2%と高い水準で、小選挙区比例代表並立制が導入された96年以降の5回では過去最高だそうです。
誰に入れても同じと、政治に無関心な人が多いのかと思っていましたが、今回の民主党の圧倒的な勝利の裏には、庶民の怒りが込められているということでしょう。選挙には欠かさず行っていて、毎回、近くの投票所の投票率の低さに驚くのですが、今回は昼過ぎに行ったところ、既に20%近くになっていました。
でも心配なのは、民主党という大きな波にのって、ラッキーに当選してしまった議員もいて、そいう議員たちがきちんと庶民の声を聞いてくれるかということですよね。不祥事のあった大物議員が落選して、新しい風が吹いて期待が高まる一方、不安もあるというのが正直なところ。批判政党でいるのは楽ですが、民主党が梶とりをするようになった今こそ手腕が問われる時。
問題は山積みで、すべての人に満足いく政策というのは無理があるとは思いますが、とにかく早く体制を整えて始動してほしいと思います。                (フロッグ東本)