スタッフ日記 | サンマ不漁で高値です

平成22年8月12日(木)

今日あたりから本格的なお盆の帰省ラッシュが始まりましたが、当事務所は通常通り営業しております。

昨日、スーパーに行ったら新物のサンマが高くてびっくり。秋の味覚、サンマが不漁だそうなんです。水産庁が発表した2010年の北西太平洋サンマの推定資源量は221万トンで、昨年の351万トンから約4割もの減少になったそうです。

その理由は断定はされていないものの、この猛暑の影響で北海道沖の海水温度が例年より高いことが影響を与えているのではいかと言われています。当然、漁獲量の減少は価格を押し上げ、昨年に比べて4~5割も高くなっているそうです。8月も半ばだというのに、スーパーでは価格の安い冷凍サンマが未だ売れている状況だと言います。

秋には産卵のために関東沖まで南下するというので、それまでに海水温が下がることを期待しましょう。あまりに暑いとサンマを焼くのも大変だし、あまり食べる気にならないです。もう少し涼しくなって、サンマが安くなるまで待つとしましょう。    (マザーズ北本)