スタッフ日記 | 柔道のジュリー制度への疑問

平成24年7月30日(月)

柔道男子66キロ級の準々決勝、日本の海老沼と韓国のチョ・ジュンホの試合。最終的に海老沼選手が勝ったからよかったものの、審判の判定については誰もが釈然としない想いをいだいた思う。

一度は主審と、副審2人がチョを支持し、海老沼は3-0で敗れたかと思われた。しかし、バルコス大会審判委員長が3人の審判を呼び集め、判定のやり直しを指示。再び行われた旗判定は3-0で海老沼選手が異例の逆転勝利した。

今回の判定の方法は北京五輪後のルール改正で決まったもの。私たちが馴染みがないのも当然なのだ。そのルールでは主審と副審2人の3人の審判に対して、競技を中断するなどの競技全般について権限を持つジュリーという審判委員が存在するのだ。ジュリーは強い権限を持つため、今回のように判定をくつがえすようなことも起こってくるという。

もともとジュリー制度が導入されたのは、ビデオ判定をして先に掛けた選手の「技」が有効か、それを返した選手の「返し技」が有効かを判断するのが主目的だった。けれどもジュリーの権限に明確な基準がないため、数としてはまれではあるが、今回のように主審、副審の判定を覆すというような事態も起こってくる。

かつて2000年のシドニーオリンピックで、あざやかな一本を決めたのに、後に「世紀の誤審」と言われる誤審により銀メダルとなった100キロ超級の篠原選手は、奇しくも男子柔道の総監督である。
海老沼選手の有効が取り消された時、抗議の表情を見せた篠原監督の胸中はどんなものだったろう。こんなにうまくいかないルール改正により、選手が翻弄されることがあってはならないと思う。









柔道男子66キロ級の準々決勝、日本の海老沼と韓国のチョ・ジュンホの試合。海老沼選手が勝ったからよかったものの、審判の判定については誰もが釈然としない想いをいだいた思う。
一度は主審と、副審2人がチョを支持し、海老沼は3-0で敗れたかと思われた。しかし、バルコス大会審判委員長が3人の審判を呼び集め、判定のやり直しを指示。再び行われた旗判定は3-0で白の海老沼を支持する異例の逆転裁定となったというもの。
今回の判定の方法は北京五輪後のルール改正で決まったもの。私たちが馴染みがないのも当然なのだ。
そのルールでは主審と副審2人の3人の審判に対して、競技を中断するなどの競技全般について権限を持つジュリーという審判委員が存在するのだ。ジュリーは強い権限を持つため、今回のように判定をくつがえすようなことも起こってくるという。

今回の競技では主審が一度は有効と判定したが、ジュリーがその判定を取消した。しかし結局は海老沼選手の小内刈り以外、ポイントとなるような有効がなく試合が終わったため、

バルコス大会審判委員長が(判定を覆したのは)柔道精神の問題
としているが、そうであれば、主審と副審の審判内容に余りにも介入するのはいかがかと思うが。

システムで全試合場の判定の正誤を指摘するシステムを導入。一本、技ありなど技の効果の判定は審判に決定権があるが、明らかな誤審が認められた場合は、ジュリーのアドバイスで訂正されるケースが増えた。
試合では主審と副審2人の3人の審判に対し、競技を中断するなどの競技全般について権限を持つジュリー(審判委員)がいる。