スタッフ日記 | 今日は土用の丑の日

平成22年7月26日(月)

さて今日は土用の丑の日。連日の猛暑はまさに「ウナギ」を食べるのにぴったり。私も大好きです。夏の土用の丑の日にウナギを食べる習慣は、実は夏場にウナギが売れなかったので、幕末に平賀源内がもっとウナギを食べるように看板を出させたことから始まるそうですね。

ところでウナギの稚魚が取れないというニュースをたびたび耳にしましたが、実際、お店でさばいてもらって食べるウナギは高騰しているため、ウナギ専門店や和食店では値上げを余儀なくされているそうです。しかし、意外にスーパーで買う冷凍物のウナギはそれほど高くないと思いませんか?これは昨年末に冷凍されたものが主流だからだそうで、冷凍物が品薄になるのは、逆に年明け以降となりそうなのだそうです。

ウナギの焼き方は関東では背開きにしていったん蒸し上げたものを焼き、関西では腹開きにし、蒸さずに焼くそうですよね。皆さんはどちらが好きですか?東京で和食店で食べる時は、ほとんど関東風なので、関西風というのをほとんど食べたことがなかったのですが、以前、三島の某有名なうなぎ店で食べた時は、関西風のかりっと芳ばしいような焼きあがりで、これもまたおいしかったです。

ところでうなぎの骨って本当にささるんですよ。子供がのどの奥の奥にささって、どうしても抜けず耳鼻科で抜いてもらったことがありました。お気をつけを。  (マザーズ北本)