会社設立用書類作成代行センタースタッフブログTOPスタッフ日記 > 暑熱順化(しょねつじゅんか)で夏を乗り切る!?

スタッフ日記 | 暑熱順化(しょねつじゅんか)で夏を乗り切る!?

平成23年7月12日(火)

今年の夏は平年より1週間以上も早く梅雨があけてしまいましたね!
皆さん、体調はいかがですか?いいはずはないですよね、この暑さですから。

私自身も含めて暑さに弱い方に、熱中症対策として、今年の夏は「暑熱順化(しょねつじゅんか)」がキーワードになりそうですよ。

暑熱順化とは夏の暑さに体が適応した状態ということだそうです。自力で汗をかく運動をすることで、暑さに慣れることによって汗腺の働きが良くなり、汗が出ていく時に汗腺から出ていくナトリウムが再吸収され、塩分の少ないサラサラの汗がかけるようになれば、体液バランスが崩れにくくなるというものです。

専門家によると、暑熱順化すると、体温の上昇を察知して汗をかき始めるタイミングが早くなるため、体液量が増えて水分喪失に対して予防する力がつくというのです。確かに、夏の暑さに慣れるまでの梅雨明けの時期(まさに今週がそうですね!)が一番体がきついような気がします。

ところでその方法ですが、運動強度を上げるほど順化速度は早くなるそうで、例えば10分のウオーキングを1日5回、休憩を挟んで行えば、早い人で4~5日、遅くとも1週間程度で暑さに慣 れるそうです。ただし、せっかく順化しても、運動をやめたり暑さに体をさらさない日が続くと効果は薄れてくるそうで、何より続けることが何より大切だそうです。でもこれができないんですよね。暑い時はできるだけ最小限の動きですまそうとするのでは、暑熱順化しないのですね。耳が痛い話です。
(フロッグ東本)