スタッフ日記 | データに見る「お花見」は

平成22年3月30日(火)

先週から真冬なみの気温の低い日が続き桜の開花が遅れていますが、今週末あたりはちょうど見頃になるでしょう。

お花見のデータあれこれが発表されています。
今年の桜のお花見は「宴会なし、少人数で楽しむ」とのデータが上がっています。楽天リサーチ「お花見に関する調査」の調べによると、お花見に宴会をして見る人の割合は年々減っているそうです。一方で「ひとりで」見に行くとした人の割合が増えたとか。そこで同調査では「おひとりさま」需要が増えているとしています。

またビール会社のデータは切り口が異なり、アサヒビールの調べでは、お花見に「必ず行くつもり」と「まだ決まっていないが行くつもり」を併せると64.1%がお花見を計画し、2年連続で6割以上になったのだそうです。そしてもちろんお花見に欠かせない飲み物は「ビール」が圧倒的1位としています。うーん、何だか宣伝するための調査結果ですね。

あるブログサイトのデータでは「東京都内で夜桜を楽しみたいスポット」のランキングでは、1位が「上野恩賜公園」、2位が「千鳥ヶ淵」、3位が「六本木ヒルズ」だそうで、無難なランキング結果となりました。いずれもオフィス街にあり、会社の帰りにすぐに立ち寄れ、帰宅のアクセスもよいですからね。

当事務所は板橋区にありますが、板橋区の本蓮沼駅近くの「南蔵院」のしだれ桜は小さいお寺ながら、夜はライトアップされてとてもきれいです。      (フロッグ東本)