スタッフ日記 | サッカー、チャリティーマッチ

平成23年3月30日(水)

昨日、東日本大震災の復興支援を目的としたサッカー日本代表対Jリーグ選抜によるサッカーのチャリティーマッチが、大阪・長居陸上競技場で行われました。結果は日本代表が2―1で勝ちましたが、この試合でもう勝ち負けは関係ないでしょう。

出場メンバーは日本代表チームに海外で活躍している本田、長友、川島、長谷部、岡崎選手などなどもう二度と揃うことがないであろう豪華なメンバーが集まりました。またJリーグ選抜も各チームからのスター選手が集まり、ふだんのライバルが力を合わせてプレーしてくれました。カズこと三浦選手のゴールとカズダンスが観客を楽しませてくれました。まさにファンならずとも垂涎の夢の共演でした。

集まった観客は4万人を超えました。この試合開催に必要な費用はサッカー関係者からの募金でまかなわれ、また会場で集められた募金は義捐金として被災地に送られます。

被災地出身の小笠原選手は、チャリティーマッチに出場するという話をもらった時に辞退も考えたそうです。被災地を訪れ家を失った方や身内を亡くした方もたくさんいる中で、サッカーをしている状況ではないと思ったそうですが、被災地で応援しているファンの気持を感じ開催を決めたと言います。

ファンあってのプロスポーツ。プロ野球の経営陣にサッカーのような心意気が欲しいですね。