スタッフ日記 | 大地震後の復興に向けて

3月11日、金曜日の地震発生から12日が経とうとしています。

このたびの地震発生で被害にあわれた皆さま、心よりお見舞い申し上げます。
また亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますと共に、ごご親族の皆様には謹んで哀悼の意をささげます。

今後少しでも被害が拡大しないよう、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

被災地の方々のお気持ちを考えると、たまたま被害のなかった地域にいる者が不用意な発言をすることは慎むべきであろうと思うと、どんなブログを書いていいのか悩みます。

テレビやラジオで報道されている被災地の状況がごく一部しか伝えられていないことは想像に難くありません。
いまだ報道陣も入れない地域で依然として孤立している方々もいらっしゃいます。そうした方々に一刻も早く支援の手が届けられるよう心よりお祈り申し上げます。

また直接津波の被害のなかった地域はあまり報道されませんが、復興のための工事に入った方々によると、建物の崩壊がひどく、例えば大型店舗の天井が落ちて商品が全滅しているなど、いまだ物資の不足は続いており、ライフラインの復旧がいつになるかは予想もできないそうです。

今後、一日でも早く被災地が復興に向かうように心よりお祈り申し上げます。