会社設立用書類作成代行センタースタッフブログTOPスタッフ日記 > 「ニッポン全国鍋合戦」  その後

スタッフ日記 | 「ニッポン全国鍋合戦」  その後

前回ブログで「ニッポン全国鍋合戦」のことを
書きましたが、今年はどこの鍋が優勝したのか
気になって調べてみたところ、石川県から参戦した
「能登豚塩麹鍋」が優勝したようです。

ちなみに2位は10票差で千葉県の「もちぶた炙り
チャーシューバージョン豚汁」、3位は昨年優勝の
「山形牛スジ鍋」とのことです。

まだまだ寒い季節が続いていますので
ますますお鍋が食べたくなりました。


さてさて、埼玉県内の公立学校で今年度に定年を
迎える100人以上の教員が、1月末での退職を
希望しているとのことですが、これにはとても
驚きましたね。

2月から退職手当の引き下げが予定されて
いるため、駆け込みで前倒しの退職を希望
しているそうですが、退職を申し出た教員
には学級担任もいたようです。
進路の決定や卒業式も残っています。
残される生徒はどんな思いでしょうか・・・。

自分の生活のためとはいえ、年度途中で生徒を
残しての途中退職は無責任な行動ではないかと
批判されていますが、これは批判されても
仕方がないのではと思います。

しかし、教員も労働者!
色々と事情もあるのでしょうね。

埼玉県知事は記者会見で「2カ月残して辞めるのは
無責任とのそしりを受けてもやむを得ない」と
不快感をあらわにしていましたが、このような事態に
ならないために、自治体では退職手当の減額の実施の
時期について、もう少し考えてもよかったのでは
ないのかと思ってしまいますが。

でもまさか教師が途中で辞めるとは予想して
いなかったのでしょうね。

途中退職される教員のことばかりが
騒がれていますが、退職金が減額されても
職にとどまることを決めた教員には拍手を
送りたいですね!