スタッフ日記 | 年賀状

平成23年1月5日(水)

2011年、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

年賀状、今年は皆さんどれぐらい出したのでしょうか。日本郵政によると、2011年、元旦に全国で配達された年賀状は20億8100万通で、昨年の元旦より0.4%減少したそうです。最近10年間の元旦の配達数は2001年の26億5千万通をピークに減る傾向にあるそうです。

若い世代は電子メールで済ませるようですね。特に大晦日の夜から日付が変わる午前0時に一斉に友人たちとメールをやり取りするという「あけおめメール」習慣が定着しつつあります。

日本郵政もいろいろ知恵を絞って、新しい企画をしており、「ネットで年賀状」はYahooとタイアップして、ネット上で年賀状をデザインし住所録を打ち込みさえすれば、お年玉付き年賀状に印刷して配達してくれるというもの。ただし年賀状代を含まずに1枚78円~だそうですが、印刷に注文に行く手間が省けますよね。

年賀状を作ったり管理したりするのは面倒だと毎年のように思い、古い年賀状も場所を取るので捨ててしまおうかと思っていましたが、夫に止められて捨てないでよかったと思います。

だんだん年を重ねるごとに、何年も会わず、もはや年賀状でしかつながっていない人間関係が増えていくので、最近は年賀状は大切な「細い糸」だと思っています。年賀状という制度がなかったら本当に切れてしまいそうですが、年配世代にはやはり「紙」で残る年賀状は大切な習慣だと思います。(フロッグ東本)