会社設立用書類作成代行センタースタッフブログTOP
会社設立用書類作成代行センタースタッフブログ 会社設立用書類作成代行センタースタッフブログイメージ

「ニッポン全国鍋合戦」  その後

前回ブログで「ニッポン全国鍋合戦」のことを
書きましたが、今年はどこの鍋が優勝したのか
気になって調べてみたところ、石川県から参戦した
「能登豚塩麹鍋」が優勝したようです。

ちなみに2位は10票差で千葉県の「もちぶた炙り
チャーシューバージョン豚汁」、3位は昨年優勝の
「山形牛スジ鍋」とのことです。

まだまだ寒い季節が続いていますので
ますますお鍋が食べたくなりました。


さてさて、埼玉県内の公立学校で今年度に定年を
迎える100人以上の教員が、1月末での退職を
希望しているとのことですが、これにはとても
驚きましたね。

2月から退職手当の引き下げが予定されて
いるため、駆け込みで前倒しの退職を希望
しているそうですが、退職を申し出た教員
には学級担任もいたようです。
進路の決定や卒業式も残っています。
残される生徒はどんな思いでしょうか・・・。

自分の生活のためとはいえ、年度途中で生徒を
残しての途中退職は無責任な行動ではないかと
批判されていますが、これは批判されても
仕方がないのではと思います。

しかし、教員も労働者!
色々と事情もあるのでしょうね。

埼玉県知事は記者会見で「2カ月残して辞めるのは
無責任とのそしりを受けてもやむを得ない」と
不快感をあらわにしていましたが、このような事態に
ならないために、自治体では退職手当の減額の実施の
時期について、もう少し考えてもよかったのでは
ないのかと思ってしまいますが。

でもまさか教師が途中で辞めるとは予想して
いなかったのでしょうね。

途中退職される教員のことばかりが
騒がれていますが、退職金が減額されても
職にとどまることを決めた教員には拍手を
送りたいですね!

今日は行政書士試験の合格発表日ですね

今朝は思わぬ雪になりましたね。
天気予報では晴れとなっていたのでびっくりしました。

幸いなことに長くは降りませんでしたが
うっすら積りましたね。
足元にはお気を付け下さいね。

今日は行政書士試験の合格発表日ですね。
昨年試験が終わってから、受験生のみなさんは
不安と期待で過ごしていたのではないでしょうか。

私も5年前に行政書士試験を受けたことを
思い出しました。
試験は3時間ですが、あっという間に過ぎてしまい
むしろ足りないくらいでした。

緊張のためもあってか、試験開始直後は手が
震えていた記憶があります。

一番の心配は一般知識と記述式の問題でした。
いくら法令部分で点数を取っても、この一般知識で
決められた一定の点数を取らなければ足切りされて
しまうからです。

また記述式も、どの科目からどんな問題が出てくるのか
全く想像が出来ないため、こちらも心配でした。

試験が終わって自己採点をしてみると、ミスも目立ち
確実に合格出来るという点数ではなかったため
この合格発表が行われるまでの毎日は不安で
いっぱいでした。あともう1年頑張って勉強を
しようと半ばあきらめてもいました。

そして発表の当日、ネットで合格者の番号が発表され
恐る恐る確認してみると、無事自分の番号を見つける
ことが出来ました。

合格点ギリギリでしたが何とか無事受かることが出来て
嬉しさのあまり泣いた記憶があります。

合格をしたからといってすぐに何か出来るわけでもなく
これからもまだまだ勉強の日々ですが、このように
今の事務所に出会い、行政書士の仕事をしてみたいという
自分の夢を叶えることが出来ましたので、今回受験した人も
自分の夢に向かってどうぞ頑張ってください!


日本一の鍋奉行はどの鍋に?

今朝も寒かったですね。
でも今日の夜遅くからは寒気が降りてきて
朝の気温以上に低くなるそうです。
帰りが遅くなる方は、十分気を付けてくださいね。


さてさて、冬の風物詩である「鍋」。
その鍋の日本一を決めるイベントが
1月27日に埼玉県和光市役所前の市民広場で
開催されるそうです。


全国から名物鍋や創作鍋が集まる
「ニッポン全国鍋合戦」!
今年で9回目の合戦には初参戦12鍋を含む
43もの鍋が集まり日本一の「鍋奉行」の
称号をかけて味を競うそうです。


この鍋合戦は2005年から始まり、今では
冬の風物詩として定着し毎年4~5万人の
人出で賑わっているそうです。


昨年の鍋奉行は、山形県から参戦した
「山形牛スジ煮」でしたが今年はどの鍋が
優勝するのでしょう?
ちなみに、2回優勝した団体は
「殿堂入り」となり、参戦は出来ますが
コンテスト対象から除外されるそうです。


近年はB-1グランプリが大いに盛り上がり
B-1グランプリに出品した料理が
まちおこしに貢献しています。


このように色々なイベントを通して
楽しみながら今まで知らなかった
たくさんの町を知ったり、経済効果にも
貢献出来るといいですね。